なんだかんだ2って結局なんだった?|
#3 クリエイティブディレクターに聞く。これからのなんだかんだ

2023年11月3日。
神田錦町にて、路上実験イベント「なんだかんだ2」が開催されました。
第一回目を春先に開催してから半年足らず。
前回の手応えと反省を活かして、
パワーアップした第二回目となりました。

路上に畳を敷き詰めて、
さまざまなものごとに出会うそのイベントは
どのようにできて、どんな場所を
目指していたのでしょうか。
なんだかんだ2って、結局なんだった?
その疑問に、オープンカンダ編集部が迫ります。

INDEX
#1協力と許可と仲間と資金と
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?
#3 クリエイティブディレクターに聞く。これからのなんだかんだ

#1はこちら
#2-1はこちら
#2-2はこちら

〜〜〜〜〜〜〜

#3
クリエイティブディレクターに聞く。
これからのなんだかんだ

大盛況で一日限りの幕を閉じたなんだかんだ2。たくさんの方が楽しむ様子が見られましたが、立ち上げた方々はどういった想いでこの日に臨み、何を感じたのでしょうか。クリエイティブディレクターの池田晶紀さんに、開催を終えてのお話を伺ってみました。

——ここまでレポートしてきましたが、なんだかんだとは何なのか、わかったようで掴みきれていない気がしています…。この企画にはどういった想いがあるのでしょうか?

池田 2023年の3月にあたらしい街の縁日として「なんだかんだ」をはじめて開催して、自分たちが何をやっていきたいか、何をしてくべきかうっすらと見えてきたんです。
毎回テーマを設けているんですが、一回目は「なんだかんだと、かんだはあたらしい」で、二回目は「なんだかんだと、かんだはやさしい」としました。ここで言う「やさしい」をもっとわかりやすく置き換えると、「日常や生活の中に役に立ったり、楽になったりする」みたいなことなんですね。

——ステートメントでも、『「これ、すごくいいからためしてほしいな」と、オススメ心でいっぱいの人 が集いました。』と書かれていますが、「すごくいいからためしてほしい」ことが「日常や生活のどこかに役に立つ」ことだったんですね。

池田 そうだね。「日常や生活のどこかに役に立つ」ということを例えにすると、お腹を壊した時に、通常は下痢止めをすぐ薬に飲むけど、腹巻きがいいよと勧められてなんとなく温め続けてたら調子が良くなっていくみたいな、じわじわ効いてくることもありますよね。 
そういう不確実的だけどいいものを受け入れていこうというのが、なんだかんだなんです。

——なるほど。

池田 これはジャンルやカテゴリー的なことでもないし、言葉もないことに取り組んでるんです。例えば音楽の世界でも、ジャズだのロックだのパンクだのというジャンルは後で言葉をつくったわけで、でもそれ自体は言葉になる前から存在していて、みんなが励まされたりしてきたカルチャーですよね。なんだかんだも、なんて言ったらいいのかまだわからないジャンルで、まずはあだ名程度のネーミングとして捉えて「なんだかんだと、効いてきた!」という感覚が共感になっていければと考えているんです。

——なんだかんだは、不確実だったり端的に言葉にできなかったり、一見ではわからないことがポイントになるんですね。

池田 ポイントは、なんだかわからないことに気づくこと。もしかしたら、そこが一番重要なのかもしれませんね。なので、その問いのようなモノが出てきて、場に置いていく時間。だから、まずは解決することが目的ではく、じわじわと効いてくることができればいいんです。「これってなんなのか?を一緒になって考えてみよう!」というのがやりたいこと。結果それが、カルチャーイベントやアートフェスでも、地域交流のための街の縁日でも、福祉や防災の課題について取り組んだ実験でもどんなカタチであれ、その問いであり、ふわっと浮かんだ何かに気がつくことが大事なんだと思います。

——確かに演目をひとつひとつ見ていくとさまざまですもんね。第一・二回とも福祉施設や団体の出店が特に多くいらっしゃいましたが、その点も何か想いがあったのでしょうか?

池田 福祉というと、言葉の印象として制度や機関のことをイメージされることが多いのですが、本来の福祉の役割は「助けを求めている人の手助けをする」ということだと思うんですよね。だからそういった本来の役割に気づける出会いの場をみんなでつくりたかったんです。つまり、ここでやっていく「なんだかんだ」というのは、あたらしく生きる道しるべになれるようなモノであってほしいんです。そこで、うなずいてくれたり、「いいんですよ〜、どうぞどうぞ〜」といいながら、声を出して一緒に考えたりして、その場を動かしながらつくるやり方で、いろんな人が居られる場の力を定着させたいなと思います。

——二回目の開催でもリピートでいらしてくださった方がいましたね。

池田 嬉しいですよね。でも年一回だと広くは定着していかないから、いっぱいやらないとダメだなってわかったんですよ。なので、2024年はなんだかんだをたくさんやることにしました。路上実験イベントは引き続き年に数回として、もう少しコンパクトにテーマを絞ってやろうと思っていて、もうすでに10個ぐらい企画を考えてますよ。

——多! 年一度の路上実験イベントから急展開ですね、楽しみです。

池田 まずは3月に4つの企画を開催予定です。2024年から、「なんだかんだはたくさんやります!」いい時間といい出会いの場に、お越しいただけるようお待ちしています。

〜〜〜〜〜〜〜

あたらしい神田の縁日を目指す「なんだかんだ」はまだまだ立ち上がったばかり。実際の場を見て、池田さんのお話も伺い、これからもさまざまな形を模索しながら進化していく予感がしました。
この記事を読んでなんだかんだを体験してみると、何だったか?がよりわかってくるかもしれません。
2024年はたくさんの機会をもって突き進んでいく「なんだかんだ」。今後の展開も追っていきたいと思います。

Text/Edit/Illustration: Akane Hayashi

なんだかんだ2って結局なんだった?|
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?❷

2023年11月3日。
神田錦町にて、路上実験イベント「なんだかんだ2」が開催されました。
第一回目を春先に開催してから半年足らず。
前回の手応えと反省を活かして、
パワーアップした第二回目となりました。

路上に畳を敷き詰めて、
さまざまなものごとに出会うそのイベントは
どのようにできて、どんな場所を
目指していたのでしょうか。
なんだかんだ2って、結局なんだった?
その疑問に、オープンカンダ編集部が迫ります。

INDEX
#1協力と許可と仲間と資金と
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?
#3 クリエイティブディレクターに聞く。これからのなんだかんだ

#1はこちら
#2-1はこちら

〜〜〜〜〜〜〜

#2
盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?

〜〜〜〜〜〜〜

●ドローイングに麻雀、書道に茶道。
好きに過ごせるあれやこれ

他にも畳の上には一風変わったワークショップが大集合。
建物の壁や道のでこぼこなどのテクスチャーを採集し、神田の街からできた自分だけの平面作品を制作する「へいめん探索隊」や、いずれ廃棄されてしまう画材がずらりと並び、画材を物色したり自由に創作を楽しむ「巡り堂」など、つい没頭してしまうような時間が流れます。

へいめん探索隊 with シブヤフォント
写真中央の方がワークショプを手がける、
シブヤフォントのライラ・カセムさん
画材循環プロジェクト「巡り堂」
色とりどりの画材を囲んで、
おしゃべりに華が咲いていました。

その他には、ひらがなが印字された麻雀牌で新しい言葉を考えたり、文章を作って遊ぶ「あそことば」、畳の上で「おちつけ」と筆で書くだけなのに不思議と心安らぐ「おちつけ書道会」、本格的な茶の湯の世界を体験できる「露天風炉2」、脳と身体の可能性を広げる「パフォーマンス医学」など、あらゆるものが展開されます。

一見なんだろうこれ?というような一癖あるものばかりですが、気になってやってみるとそれぞれの世界に引き込まれていく人たちが続出。新しい出会いにあふれた空間になっていました。

ひらがなが印字された麻雀牌で
言葉と戯れる岩沢兄弟の「あそことば」
ルールはなく、誰でも自由に
一緒に楽しめるふしぎなマシーン!
前回も大人気だったTOBICHI東京「おちつけ書道会」
おちつけに向き合う時間ってきっと大事。
TOBICHI東京は他にも、
「われてもさみしくないヨーヨー」を出店。
うっかり割ってしまったりしぼんでしまっても、
中からちいさなくまのチャームがこんにちは。
茶道教室「露天風炉2」
茶道裏千家の専任講師・石澤宗彰さんが抹茶をふるまい
畳2枚のスペースがすっかり茶室に見えてきます。
Dr.二重作拓也さんの「パフォーマンス医学」
自分をアップデートする
脳と身体の使い方を教えてもらうと、
あっという間に参加者たちの
新たなパワーが引き出されていく…!

●いろんなこだわりに触れるお店たち

少し変わった新しい体験にあふれる中、お店たちも多種多様です。
ピザ、コッペパン、ビール、コーヒー、駄菓子など大人も子どもも嬉しいラインナップが集まります。製造や味に手間や時間がかかっていたりと、それぞれのこだわりが光り、どれも大人気でした。

ご近所の神田錦町1丁目にある
「ソーシャルグッドロースターズ」は、
障がいのあるバリスタや焙煎士が活躍する
ロースタリーカフェ併設の福祉施設。
手間と時間をかけて丁寧に作られたコーヒーは絶品!
中野区方南町を拠点に、障がいのある醸造士が活躍する
クラフトビール醸造所の
「方南ローカルグッドブリュワーズ」
この日は11月にしては暖かく(写真の方も半袖!)、
ビールののどごしがたまらない日でした。
多機能型就労支援事業所ひまわりの
「なんだかんだピザ屋さん」
錦三縁日で好評だった窯焼きピザはここでも大人気。
世田谷区にある発達障害者就労支援センター ゆに(UNI)の
「コッペパンサンド屋さん」
スモークサーモン&クリームチーズや海老&アボカドなど、
手の込んだ豊富なラインナップであっという間に完売!
静岡県掛川市から神田にはるばるやってきてくれた
駄菓子屋「横さんち」
静岡の実店舗では、
障がいのある方がいきいきと働く駄菓子屋さんです。
たくさんの駄菓子を前に子ども達が集まり、
普段のお店の様子が感じられました。
神田ポートビル2階では、
ほぼ日のなんだかんだパン屋さんが出店。
ほぼ日さんセレクトのとびきりおいしいパンが並び
どれもすぐに売り切れに!
ワインストア&スタンドPeròの
ソムリエ・熊本千絵さんがセレクトしてくれた
ナチュラルワインを楽しめる「響くワイン」
ワインにまつわるエピソードのお話とともにいただくと、
味と香りが心に響く!
日が暮れてからは伝統茶「tabel」の
薬草調合師・新田理恵さんによる薬草茶shopが出店。
一人ひとりに合わせたブレンドティーを
淹れてもらうことができ、
薬草茶の深い世界が味わえました。

●遊んでも遊んでも、まだ遊べる

たくさん楽しんで、食べて飲んだ後も、まだまだいられるなんだかんだ。ゆるく時間を過ごせる空間がありました。

何をするか迷ったら「なんだかんだガイドさん」へ
共立女子大学 建築・デザイン学科 藤本ゼミの
学生たちがイベントをご案内。
全国各地をとびまわり、
どんなところにもあそび場を作り出してしまう
「移動式あそび場」
畳いっぱいに広げられた遊具の数々に、
子ども達の遊びが止まらない。
熱せられたサウナストーンに、
柄杓で水を注いで水蒸気を発生させるロウリュを
誰でも楽しめる競技にした「ロウリュ投げ大会」
2m先の桶に向かって放った水の量を競うだけ。
シンプルだけど癖になるトリッキーさ。
株式会社アルバンさんのご協力のもと、
なんだかんだの会場の一角が雀荘へと様変わり。
家族で麻雀したり、麻雀牌をきれいに並べたり、
遊び方はいろいろ。
神田ポートビルの地下にあるサウナラボは、
なんとこの日は時間制限なしで1,000円で利用可能に!
一旦ととのってから、遊び直すことだってできる。

●日が暮れたって、まだまだのびのび過ごせちゃう

日が暮れても、提灯の灯りが引き続きあたりを楽しく照らします。
暗くなった時間にぴったりの寝たままできるヨガの体験や突如ランウェイが出現してファッションショーが行われたり、畳を使ったパフォーマンスやDJなど、自由に場をつくり替えてさまざまなことが起きていきました。

TOTONOLによる寝たままでできるヨガ体験。
リラックスした参加者を眺めながら、
レクチャーの声を聞いているだけで心地よい。
畳の間にランウェイができたと思ったら、
ムサビ津村ゼミナール有志による
「fashion show “KIDS”」がスタート。
あたりの空気をガラリと変える世界観に全員釘付け。
パフォーマーの加藤紗希さんと
建築家の藤本信行さんによる
「なんだかふしぎな出会い」
みんなで畳を建てて、不思議な空間に誘われていきます。
シークレットゲストで坂本美雨さんがアカペラを披露!
昼間にダンススル会で盛り上げてくれた
篠崎芽美さんたちの踊りも即興で加わり、
息を呑むようなひと時に。
やついいちろうさんの寝っころがりDJ
軽快なトークと絶妙な選曲でフロアを湧かし
寝っころがりどころか総立ちになって、
外にまで飛び出す勢いの盛り上がり!

最後は神田といえばお馴染みの木遣で締め!
記念に集合写真を撮ってお開きとなりました。

〜〜〜〜〜〜〜

一見どういうこと?と戸惑いつつも、
巻き込まれてみるとさまざまな発見に出会えた
なんだかんだ2。
なんでもありのカオスなようで、
身を委ねてみたくなる安心感がありました。
この絶妙なバランスは
いかにしてできたのでしょうか?

次の記事では、クリエイティブディレクターの池田さんにお話を伺いました。

#3へ続く

Text/Edit: Akane Hayashi
Photo: Masanori Ikeda(YUKAI),
Yuka Ikenoya(YUKAI),
Mariko Hamano

なんだかんだ2って結局なんだった?|
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?❶

2023年11月3日。
神田錦町にて、路上実験イベント「なんだかんだ2」が開催されました。
第一回目を春先に開催してから半年足らず。
前回の手応えと反省を活かして、
パワーアップした第二回目となりました。

路上に畳を敷き詰めて、
さまざまなものごとに出会うそのイベントは
どのようにできて、どんな場所を
目指していたのでしょうか。
なんだかんだ2って、結局なんだった?
その疑問に、オープンカンダ編集部が迫ります。

INDEX
#1協力と許可と仲間と資金と
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?
#3 クリエイティブディレクターに聞く。これからのなんだかんだ

#1はこちら

〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜

#2
盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?❶

いよいよ迎えたなんだかんだ2当日は、常にいろいろなことが起きていましたが、まとまりがないということはなく、同じ畳の上でそれぞれに過ごしていても不思議と居心地の良さがありました。

クリエイティブディレクターの池田さんは、なんだかんだ2の開催に向けた想いを以下のようにステートメントに込めています。

「すごくいいからためしてほしい」というオススメ心で集まった方々は、ダンス、演劇、ヨガ、駄菓子屋など多種多様。みなさんここに集まる人たちとの関わりを楽しみにしていて、自分たちが持ってきたものを一緒に楽しもうとしている方ばかり。安心してその場に巻き込まれてしまえる感覚がそこにはありました。

実際にどんなことが繰り広げられていたのか、いくつかご紹介していきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜

困っている人を助けながら車いす体験!
「車いす夢のデリバリー」

車いす体験スタンプラリー「車いす夢のデリバリー」は、参加者がZKNEats(ズキン・イーツ)の新人配達員となって、車いすに乗って人助けをしながらデリバリーのミッションに取り組みます。
いざ街に繰り出すと、困っている人たちがそこかしこに…。お腹を空かせた河童、寒さに耐えるストリートミュージシャンなどトリッキーな困りごととの出会いを楽しみながら、どんどん人助けをしていきます。

さまざまなミッションがありますが、「困っている人に声をかける」ということがこのスタンプラリーの大きなポイント。困っているみたいだけどどうしたんだろう?何か助けが必要?自分にできることはある?など様子を伺いながら、勇気を出して声をかけて助けになる、という体験を重ねていきます。
車いすを体験するだけではなく、困っている人にどう歩み寄ればいいのか知ることは、何よりの一歩になりそうです。「車いす夢のデリバリー」は、たくさんの人助けを通して誰かの役に立つことを楽しく考えさせてくれる体験でした。

●自分を解放して何にでもなれる、ダンススル会!!

ダンサーの篠崎芽美さんと自由に楽しくダンスをするワークショップでは、篠崎さんに誘われるように、子どもから大人までダンスの輪が広がっていき、一緒におもしろダンスをしていきます。
カニになったり石ころになったり太陽になったり…創造力と体の動きを最大に発揮して、自分をどんどん解放していく様子が圧巻でした!

●シェイクスピアの世界に巻き込まれる

続いて演劇プロデュースカンパニーのカクシンハンが「ロミオとジュリエット」を披露し、あたりがシェイクスピアの世界へと一変!神田ポートビルの窓と路上を使って、畳でくつろいでいる人の間をロミオが悶えて歩き回ったり、ジュリエットの悩める声がその場の人たちを引き込んでいきます。

台詞が書かれた色紙を一枚一枚放っていくパフォーマンスには、子どもたちも釘付け。席に座ってステージをじっと観る演劇とは異なり、いまいるところがじわじわと物語に巻き込まれていくという、街での演劇の楽しみ方がありました。

●どんな場所でもリラックスに誘う、青空ウィスキング

演劇やダンスで盛り上がる畳とは別の一角では、なにやら瞑想をしている集団が。サウナで行われるリラクゼーショントリートメント「ウィスキング」の体験が行われており、シラカバなどの枝葉を束ねたウィスクを用いて、植物の香りや音とともに癒しのひと時を過ごします。
通常はサウナ室の中で行うものですが、街中で体験すると開放感もひとしお。どんな場所でもリラックスさせてしまうウィスキングの力が垣間見えました。

●第一回神田ポート「パン食い競走」

なんだかんだ2の中でも、独特な盛り上がりを見せたのが「パン食い競走」。
吊り下げられたパンをいかに早く食べられるかタイムを競いつつ、パンを狙う表情の芸術点が評価されます。芸術点をコメントするのは精神科医の星野概念さん。星野さんは、「メンタルヘルススーパー銭湯」というワークショップを神田ポートビルで定期開催しています。

普段のワークショップでは、サウナに入って緊張をほぐしてから畳の上でさまざまな人と対話をしていきますが、今回はパン食い競走というなんとも気の抜けた企画で知らない人同士が集まるこの場を緩くほぐします。出場者も知らない人だけど、人目を気にせずパンに食いつく様子を見ていると自然と応援したくなり、楽しくあたたかな空気に包まれました。

〜〜〜〜〜〜〜

かなりご紹介してきましたが、まだ全体の1/4程度。
まだまだある、とっておきの演目たちを全部ご紹介します。

#2-2へ続く

Text/Edit/Manga: Akane Hayashi
Photo: Masanori Ikeda(YUKAI),
Yuka Ikenoya(YUKAI),
Mariko Hamano

なんだかんだ2って結局なんだった?|
#1 協力と許可と仲間と資金と

2023年11月3日。
神田錦町にて、路上実験イベント「なんだかんだ2」が開催されました。
第一回目を春先に開催してから半年足らず。
前回の手応えと反省を活かして、
パワーアップした第二回目となりました。

路上に畳を敷き詰めて、さまざまなものごとに出会うそのイベントは
どのようにできて、どんな場所を目指していたのでしょうか。
なんだかんだ2って、結局なんだった?
その疑問に、オープンカンダ編集部が迫ります。

INDEX
#1協力と許可と仲間と資金と
#2 盛りだくさんすぎる演目。みんな何やってた?
#3 クリエイティブディレクターに聞く。これからのなんだかんだ

〜〜〜〜〜〜〜

プロローグ

〜〜〜〜〜〜〜

#1
協力と許可と仲間と資金と

神田での路上実験イベントとして立ち上がった「なんだかんだ」。前例がなく、規模の大きい取り組みゆえ、実現はまさに修羅の道でした。
その中で必要となったのが、公共の場で新しい取り組みを始めるにあたって不可欠となる「協力」と「許可」、そして取り組みをより良いものにするためにあると嬉しい「仲間」と「資金」です。

なんだかんだもこれらを地道に集めることで開催にまで至ったわけですが、その裏側を知るのは運営メンバーのごく一部だけ。けれど、こうした取り組みをもっと広く参考してもらえれば更なる街の活用につながるかもしれません。
そう思い立って、なんだかんだ2の開催に先駆けて、開催までの過程を事細かに明らかにしてしまう「なんだかんだプロセス展 ~どのようにして実現できたの?〜」を実施しました。
展示の様子とともに、開催までの過程をご紹介します。

前身となる路上活用の取り組みからはじまりつつ、千代田区による実証実験の公募への落選という苦難の背景があったなんだかんだ。

その後、神田プレイスメイキング実行委員会を発足して体制を整え、実現に向けた千代田区とのすり合わせを重ねていきます。道路という公共空間を使用するとなると、千代田区だけでなく警察や町会などの協力も必要になり、各関係機関への許可申請のプロセスまでつまびらかに大公開。
展示には許可申請書の原本まである驚き!

さらにクラウドファンディングの実施や開催後の来場者アンケート、今後の運営体制など、継続的に続けるための仕組みも明らかにしました。

この街の課題は何か、これをやると誰が嬉しいのか、道路占有よる問題はないか。ひとつひとつ向き合って資料にまとめて各所に説明し、課題点をクリアにしていく。
地道なことですが、膨大な資料はそれらに費やされた時間や労力、さまざまな協力があったことを雄弁に物語っていました。こうしたプロセスを明らかにする展示は今後も路上実験イベントに合わせて継続していく予定です。

そんな流れを経て開催することとなったなんだかんだ2。実際にどんな空間になったのでしょうか。

#2に続く

Text/Edit/Manga: Akane Hayashi
Photo: Yuka Ikenoya(YUKAI)

ご縁がつながるきっかけは「さしすせそ」
神田錦町 みんなのご縁日

夏の余韻がようやく落ち着きを見せ、過ごしやすくなった夕暮れ。10月13日(金)に「神田錦町 ご縁日」が開催されました。

「神田錦町 ご縁日」とは、神田錦町周辺でで働く人、住む人、学ぶ人たちが集まり、ご縁を深めるきっかけを作るイベントで、開催は今年で4回目。
ビルが多く、縁日ができるほどひらけた場所なんてあるのだろうか…
という神田の街ですが、ちよだプラットフォームスクウェアの広場と、隣接する道路と駐車場を大胆に封鎖して行われました。
普段は近隣で働く人々が行き交う場所も、屋台が並ぶとすっかりお祭り空間に。まだ新しい取り組みながらも、昔からの恒例行事かのような盛況ぶりで、遊んで食べて体を動かしながら交流が生まれていきました。

しかし、「交流」と一口に言ってもさまざまなかたちがあります。今回のご縁日に参加して見つけたご縁がつながるヒントを、料理や褒め言葉の基本でお馴染みの「さしすせそ」に乗せてお届けします。

〜〜〜〜〜〜〜

[さ]あ、よってらっしゃい見てらっしゃい!
おいしい・楽しいが大集合。神田錦町の屋台村

道路や駐車場の屋台では、神田錦町に構えるお店や会社によるおいしいもの、楽しいものが大集合。普段はなかなか触れる機会のない会社の出し物も、「さあ!」と両手を広げて屋台に立つと、たくさんの人がどれどれと吸い込まれていきます。

屋台の中で真っ先に目に飛び込んできたのは、メガネをかけまくる子ども達。今年2023年に移転してきたばかりのJINSによる、制限時間内でいかにメガネをかけられるかを競うゲーム「メガ盛り」です。

その隣には昨年も大人気だったほぼ日の「われてもさみしくないヨーヨー」や神田警察署からはなんと白バイの展示があり(しかも跨いで写真撮影可)、それぞれの個性が溢れたコンテンツが並びます。

また、地元の飲食店も多く出店し、今年オープンしたばかりの「廣瀬與兵衛商店」から神田錦町で50年以上営業を続ける「喫茶プペ」など、古くからあるお店と新しいお店が混ざり合いながら自慢の味をふるいました。

本WEBメディア「オープンカンダ」のクリエイティブディレクションや撮影を担当しているゆかいは、ご近所のボルツと一緒にわたあめ屋台を出店。一度も列が途切れず、3時間で112個売れました。

他の屋台にもひっきりなしに人がやってきて皆さん大忙し。ですが、会社やお店を飛び出して街の人たちと顔を合わせるこの機会を楽しんでいるようでした。

[し]ってた?ご近所の〇〇さん、おめでたいんですって!
神田錦町のおめでたい老若男女をみんなでお祝い

駐車場エリアにはステージが設けられ、壇上にはなにやら緊張の面持ちで座る人たちが。はじまったのは「みんなでお祝いコーナー」。
今年お店をオープンした・成人を迎えたというおめでたい節目を迎えた方や、部活やバリスタの大会での功績など、街を飛び出しての活躍を街の皆さんとともに讃えました。

世界大会で優勝したという方も現れ、えっ!こんなすごいことしてたの!? とざわつく場面も。
こうした場を通して祝い合うことは、身近に頑張っている人がいると感じられて、祝う方も活力をもらえる気がしてきました。

[ず]っと途切れない元気が場をつなぐ。若いパワーたちも炸裂

ご縁日には子ども達や近くの学生も多く集まりました。大人たちのお酒が進んで陽気に出来上がるよりも先に、とにかくずっと元気な若いパワーがこの場の空気を作っていたといっても過言ではありません。

お神輿を引いてパレードしたり、渾身のダンスを披露したり、運営スタッフとして活躍してくれたり。一方で、取材のカメラに何度も映り込もうとしたり、何時間もインターバルなしで鬼ごっこをしていたりと、楽しむプロっぷりを見せつけてくれました。

[せ]いせいどうどう戦えばもはや友。
路上で繰り広げるチーム対抗・綱引き大会

すっかり場があたたまってきたところで、おまちかねの綱引き大会へ。
実はこのご縁日に先駆けて、一ヶ月前に日本綱引き連盟の方から直々にレクチャーしてもらう綱引き講座を開催していました。講座には本戦に挑むチームの8割以上が参加。各々積んできた練習の成果が発揮される場ともあって、異様な緊張感に包まれていました。

前回王者はほぼ日ヒッパレーズ。ほぼ日チームは昨年初参加だったにも関わらず圧倒的な強さで勝利を納め、今年は「打倒ほぼ日」に闘志を燃やすチームが20組エントリーしました。

路上で試合が始まると、大勢の人が集まってきて熱い戦いを見守ります。
綱引きは短期戦ながらも選手も応援陣も一体感がぐっと生まれ、勝っても負けても楽しそうに讃え合う様子が微笑ましくもあります。

トーナメント一巡目の最後には、ついに前回王者・ほぼ日ヒッパレーズが登場です。
いざ試合が始まると、完成度の高いフォームを披露(写真で振り返ってもきれいすぎる)。強さも圧倒的でギャラリーからは「なんか息が揃いすぎててぞくぞくする…!」との声も聞こえてきました。

決勝戦は、パワー系のメンバーが集まる安田不動産チームと、年齢の幅が広いほぼ日チームの戦いに。ギャラリーが一層増え、勝負の行方に注目が集まります。

3本勝負の末、優勝はほぼ日に!決勝まで油断も隙も与えない強さを見せ、会場を大いに盛り上げてくれました。この高い壁を破ることはできるのか…来年の大会もいまから期待されます。

[そ]れちょうだい!街のみんなで運を競って大盛り上がり。

白熱した綱引き大会の後は、最後の催しのお餅配り。400個用意のあったお餅たちが、みるみるうちに街の皆さんの手に渡っていきます。

しかしこのお餅、ただのお餅ではありません。袋に意味深な番号が書かれた紙が入っている…と思ったらくじ引き大会がスタート。

町会長が番号を引き、当たった人が景品をもらえるということで会場が息を呑んで番号を見守ります。景品は、今年神田錦町にオープンしたThink CoffeeのコーヒーチケットやJINSが手掛けるONCA COFFEEの詰め合わせ、神田ポートのお土産セットなど神田錦町にまつわるものでどれもほしい…。

会場の皆さん前のめりになりつつ、外れたとしてもちゃんと讃えて暖かな雰囲気に。一番最後の目玉景品・お掃除ロボットは女の子の手に渡り、微笑ましくくじ引きは終了。

最後は木遣りと神田一本締めで場がきれいに収まり、潔くお開きとなりました。

〜〜〜〜〜〜〜

振り返るとわずかな時間のご縁日でしたが、たくさんの人が次々に訪れ、ちょっとよそよそしく声をかけたり、初対面同士で笑い合ったりと、交流が生まれる場面をたくさん見ることができました。
「これも何かのご縁」とは言ったものですが、縁のはじまりはきっとこれくらい些細なことかもしれません。

道路や駐車場を封鎖したり、おめでたい人をみんなでお祝いしたり、この街らしさが溢れた「神田錦町 ご縁日」。ここで得たご縁を通して、この街の一員であることを改めて感じるとともに、神田錦町の今後がぐっと楽しみにもなるひとときでした。

Text/Edit: Akane Hayashi
Photo: Mariko Hamano

路上実験イベント なんだかんだ2

なんだかんだと、かんだはやさしい。

「なんだかんだ」は、あたらしい街の縁日です。
路上を発表の場にしてカルチャーイベントを展開します。

「これ、すごくいいからためしてほしいな」と、オススメ心でいっぱいの人が集いました。
畳が敷かれた路上で、みんなで一緒になって、考えたり、体験してみましょう。

出会ったことのない世界、出会ってみたら知らなかった体験。体感する心地良さ、出会い方そのもの。
じわじわと共感がやってきて、居心地の良い時間になったたらいいな、と考えています。

会期
2023 年 11 月 3 日 ( 金・祝 ) 11:00-20:00
会場
神田ポートビル、神田ポートビル前道路、神田税務署駐車場

特設ページはこちら▼
https://nandakanda.jp/

>>>クラウドファンディング挑戦中<<<

神田を盛り上げ、次世代に引き継げるよう、ぜひ応援お願いします!

参加作家/団体(※五十音順)

株式会社アルバン / 石澤宗彰(息継庵) / 岩沢兄弟 / カクシンハン / 加藤紗希 / 共立女子大学 建築・デザイン学科 藤本ゼミ / 熊本千絵(Però) / サウナラボ神田 / 佐野夢果 / 篠崎芽美 / ソーシャルグッドロースターズ / 駄菓子屋横さんち / 千葉有莉 / つむぎやさん / TOTONOL / TOBICHI東京 / 新田理恵(Table) / 多機能型就労支援事業所ひまわり / 藤本信行 / 二重作拓也 / 方南ローカルグッドブリュワリー / 星野概念 / 株式会社ほぼ日 / マガジンハウス <こここ> / 松田純子 / 松本ハウス / みずのき美術館 / やついいちろう / 株式会社ゆかい / 発達障害者就労支援センターゆに(UNI) / ライラ・カセム

〜〜〜〜〜〜〜

主催
神田プレイスメイキング実行委員会
○ 会長 中島伸(東京都市大学 都市生活学部)
○ 副会長 池田晶紀(株式会社ゆかい 代表)
○ 幹事 前⽥智彦(錦町三丁⽬町会 町会⻑)
○ 幹事 堀井市朗(錦町三丁⽬第⼀町会 町会⻑)
○ 事務局⻑ 渡部裕樹(株式会社日建設計総合研究所)
○ 事務局次⻑ 田紳華(株式会社日建設計総合研究所)
○ 会計 ⼩林知典(株式会社ゆかい)
○ 監事 御代⽥和弘(4FRAMES 代表)

神田プレスメイキング実行委員会 クリエイティブチーム
○ クリエイティブディレクター 池田晶紀(株式会社ゆかい)
○ アートディレクション 広岡ジョーキ
○ ロゴデザイン 大日本タイポ組合
○ アートワーク 渡辺明日香
○ ネーミング 糸井重里(株式会社ほぼ日)
共催
般社団法人東京ビエンナーレ
協賛
安田不動産株式会社、住友商事株式会社、クラウドファンディングによりご支援いただいた方々
協力
共立女子大学、東京都市大学、株式会社サウナラボ、株式会社精興社、株式会社竹尾、バカンス株式会社、
株式会社ほぼ日、タナカカツキ、田中啓介、星野諭、神田税務署、千代田区社会福祉協議会
後援
千代田区、東京文化資源会

神田祭密着レポート|夜まで続く町内渡御編

神田の街の一大祭事、「神田祭」が5月に斎行されました。
かつては江戸城内も巡行し、徳川幕府も支援した天下祭の伝統が受け継がれたこのお祭りは、祇園祭、天神祭と並ぶ日本三大祭りの一つです。氏子の人々にとって待ちに待った“ハレの日”であり、地域の心が一つになる場でもあります。

絢爛豪華な行列や、お揃いの半纏で練り歩く地域渡御など、神田祭は地元民でなくても高揚するもの。
今年は4年ぶりの開催ということで、当日を向かえる前からそわそわした空気が神田の街に漂っていました。そんな待ちに待った神田祭を、街の人たちと楽しみたい! あわよくば御神輿を担いでみたい! と意気込んだ「オープンカンダ」編集スタッフが神田祭をレポート。

第3回は、駿河台下交差点での神田中央連合による激しい「もみ合い」から町内渡御を経て、感動のフィナーレまで。最後までみんなで力を振り絞り、神輿を担ぎ切る姿をお届けします。

TOPIC
1.半纏を身につけたら担ぎ手の仲間入り
2.いざ出陣!担いでわかる、御神輿の重さと重み
3.オフィスビルの下で近隣の御神輿たちと出発式
4.いよいよ担ぎ手だけが入れる宮入りへ!
5.交差点で5基の御神輿がもみ合い…!
6.担いで歩いて食べて飲んでの町内渡御

〜〜〜〜〜〜〜

5.交差点で5基の御神輿がもみ合い…!

お昼休憩の後は、駿河台下交差点で神田中央連合による「もみ合い」が行われます。
「もみ合い」とは、各町の5基の神輿が向き合い、その名の通り、押し合いへし合いしながら自分たちを鼓舞するように祭りを盛り上げるのですが、それがこの交差点でぐるぐると回りながら行われていて、ものすごいエネルギーを持った渦ができあがります。

笛や和太鼓が鳴り響き、観光客も参加者も、ボルテージマックス!! さらにはずっと我慢してくれていた雨が、ここに来て強く降ってきたことも、汗を流す恵の雨というのか、一層ドラマティックな雰囲気でした。

6.担いで歩いて食べて飲んでの町内渡御

交差点での熱い「もみ合い」を終えて、錦町エリアに戻ってきた一行。ここから町内渡御です。
神田警察署、学士会館、ほぼ日本社など錦町三丁目内を神輿を担いで転々と練り歩いていきます。

各スポットには、お茶やビール、カツサンドにおいなりさん、ぼんち揚げにチョコレートなど嬉しい振る舞いが用意されていて、ついついバリボリと食べてしまいます。
「おつかれさま!」「頑張ってね〜」と声をかけながらお代わりをくれるスタッフの方々、ああ、お祭りってこうして支える人がいて成り立っているのだな〜としみじみ。各所で振る舞いを受けて、ポケットにはお菓子がパンパンでした(笑)。

ほぼ日本社では糸井重里さんが一本締め!「さあ!まだまだいくぞ〜!」

神田警察前では署長が一本締め! お巡りさんも今日だけはノリノリです。祭りの期間は道路を半分封鎖して巡行、普段は自動車が通る道も祭礼だけは神輿専用道路になっていて、こうして安全に巡行できるのも警察の方々のサポートがあるからなんですね。感謝です!

学士会館のシェフもソイヤ!

編集スタッフ林もおじさまたちに混じって先頭で神輿を担いでいる〜!ソイヤ!ソイヤ!

みんなで最後まで力を振り絞る姿に胸を打たれます…!ソイヤ!
気づけばあたりは暗くなっていて、時計を見ると19時過ぎ。最後に安田不動産の本社に立ち寄り、盛大な振る舞いをいただきます。ここではビールで乾杯している方がたくさん。みんながとてつもない達成感を抱いているのが伝わってきて、編集スタッフも幸福感で満たされます。

そして、一行はスタート地点の神酒所へと戻ります。

「4年ぶりの神田祭、みなさんおつかれさまでした!無事に収めることができました。準備は大変でしたが、みなさんの笑顔が見られて、苦労がすべて吹き飛びました!ありがとうございました!!」と、前田会長の挨拶でまた拍手が沸き起こります。
そして、「祭りののどにも龍角散」のCMに出てらっしゃったという株式会社 龍角散の方が木遣り(きやり)を披露してくださいました。

「えぇ~~、いぃお〜~~~~!」

続いてその声にあわせて会場全員で大合唱!!なんですか、この実にニッポンを感じさせる掛け声は!(感涙)。

木遣りとは元来作業唄で、複数の人員で仕事をする時、その力を一つにまとめるための掛け声、合図として唄われたものなのだとか。みんなで力を合わせて神輿を担いだあとの木遣り、感無量です。
その後、これが本当の最後の最後!三本締めで終わりです!

出発から約10時間、やりきった!と、みんなが拍手でお互いを労います。

まい泉のお弁当をいただいて、神田ポートビルの休憩所でばったり倒れ込む神田ポートのスタッフを激写。みなさん、本当におつかれさまです〜!

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々♪ という歌もありますが、祭りって、観るものではなく、参加するものだと改めて実感した一日。
一日中共に御神輿を担ぎ、見守りながら応援して、はじめましての人同士でも気さくに話すことができて、こういった一体感を感じられることも祭りの醍醐味なんだろうし、なにより、街をもっと愛することができる素晴らしいお祭りだと感じました。気分はすっかり神田っ子。いまから2年後も楽しみです!

Text: Kana YOKOTA(BAUM)
Edit: Akane HAYASHI
Photo: Masanori IKEDA, Yuka IKENOYA(YUKAI)

神田祭密着レポート|緊張の宮入り編

神田の街の一大祭事、「神田祭」が5月に斎行されました。
かつては江戸城内も巡行し、徳川幕府も支援した天下祭の伝統が受け継がれたこのお祭りは、祇園祭、天神祭と並ぶ日本三大祭りの一つです。氏子の人々にとって待ちに待った“ハレの日”であり、地域の心が一つになる場でもあります。

絢爛豪華な行列や、お揃いの半纏で練り歩く地域渡御など、神田祭は地元民でなくても高揚するもの。
今年は4年ぶりの開催ということで、当日を向かえる前からそわそわした空気が神田の街に漂っていました。そんな待ちに待った神田祭を、街の人たちと楽しみたい! あわよくば御神輿を担いでみたい! と意気込んだ「オープンカンダ」編集スタッフが神田祭をレポート。

第2回は、錦三丁目、猿楽町、神保町、小川町、錦連合の各町会の神輿がテラススクエアに大集結! そして神田明神での宮入りまでの貴重な風景をお届けします。

TOPIC
1.半纏を身につけたら担ぎ手の仲間入り
2.いざ出陣!担いでわかる、御神輿の重さと重み
3.オフィスビルの下で近隣の御神輿たちと出発式
4.いよいよ担ぎ手だけが入れる宮入りへ!
5.交差点で5基の御神輿がもみ合い…!
6.担いで歩いて食べて飲んでの町内渡御

〜〜〜〜〜〜〜

3.オフィスビルの下で近隣の御神輿たちと出発式

神田明神に向かう途中で、錦三丁目、猿楽町、神保町、小川町、錦連合の各町会の神輿がテラススクエア集合し、出発式を実施しました。オフィスビルに囲まれた空間が、神輿と担ぎ手に埋め尽くされ、がらりと様相を変えます。トラックの荷台で笛や太鼓を演奏する祭囃子の方々も登場し、さらに熱気が高まります。

5基の神輿が一堂に会すと、拍手が沸き起こります。半纏もそれぞれの町会で特徴が出ていてどれもかっこいい…!

ここでも前田会長からの挨拶があり、みんな揃って一本締め!
異なる町会の人とも一体感が生まれ、宮入りに向けて高揚が増していきます。

その後、神田明神に向かって再出発! 途中、神保町の大通りで神輿をトラックに乗せて御茶ノ水まで移動するという意外なシーンも。交通の規制や距離があるので、こういった神輿ワープも時には取り入れるのですね。担ぎ手と見守り隊はトラックを追いかけてぞろぞろと歩みを進めます。

御茶ノ水では子ども神輿にも遭遇! 一生懸命担ぐ姿が微笑ましい…。ちなみに、子ども神輿も同様、希望すれば地元の方以外でも担ぐことができます。
ワンコも応戦!

4.いよいよ担ぎ手だけが入れる宮入りへ!

神田明神に近づくにつれて、沿道には観光客の方の姿が見え始め、多くの警察が交通整理をしていました。外国人観光客もたくさん。さすが、日本三大祭です。 

12時過ぎ、いよいよ錦三丁目の御神輿は神田明神へと接近! ベビーカステラや串もんじゃ、焼きそばなど屋台が並ぶ参道を通って大鳥居を抜けて境内へと向かいます。4年ぶりの宮入りに、掛け声にますます熱がこもる担ぎ手たち。見物客のギャラリーに見守られながら、神輿は進んでいきます。

境内に入ると一層厳かなムードに。神輿を神前まで近づけたあと、前田会長が壇上に上がり、「ようやく帰ってきました!」との第一声にみんなが感動。初参加の編集スタッフたちも思わず目を熱くしてしまいました。本殿前にて全員で参拝し、祓い清めます。そして、前田会長の掛け声で一本締め! 爽快な気分です!

神田祭は天平2年(730年)の神田明神創建から数えて約1280年続くお祭りで、その長い歴史の中で、不況や災害、戦争を乗り越えて江戸っ子たちが守り続けてきました。コロナ禍で4年という長い時間が空いたことで、神田っ子がこの日にかける想いや熱量は並々ならぬものと想像します。

この日のビッグイベントの宮入りを終えた後は、小川広場に移動するとおにぎりとお茶が配られてお昼休憩へ。神輿巡行はまだまだ続くので、しっかり腹ごしらえをして備えます。

その3へ続く

Text: Kana YOKOTA(BAUM)
Edit: Akane HAYASHI
Photo: Masanori IKEDA, Yuka IKENOYA(YUKAI)

神田祭密着レポート|はじめての神輿担ぎ編

神田の街の一大祭事、「神田祭」が5月に斎行されました。
かつては江戸城内も巡行し、徳川幕府も支援した天下祭の伝統が受け継がれたこのお祭りは、祇園祭、天神祭と並ぶ日本三大祭りの一つです。氏子の人々にとって待ちに待った“ハレの日”であり、地域の心が一つになる場でもあります。

絢爛豪華な行列や、お揃いの半纏で練り歩く地域渡御など、神田祭は地元民でなくても高揚するもの。
今年は4年ぶりの開催ということで、当日を向かえる前からそわそわした空気が神田の街に漂っていました。そんな待ちに待った神田祭を、街の人たちと楽しみたい! あわよくば御神輿を担いでみたい! と意気込んだ「オープンカンダ」編集スタッフが神田祭をレポート。

はじめて御神輿を担ぐにはどうすればいい?
実際どれくらい重い?肩が腫れるというけど大丈夫?
そもそも御神輿はどこからやってきてどこに向かっているの?

これを読めば、一度御神輿を担いでみたかった…! という方もこれからは臆せず参加できるはず。
見るだけでは体験できない、神田祭の一歩踏み込んだ楽しみ方を3回に分けてお届けします。

TOPIC
1.半纏を身につけたら担ぎ手の仲間入り
2.いざ出陣!担いでわかる、御神輿の重さと重み
3.オフィスビルの下で近隣の御神輿たちと出発式
4.いよいよ担ぎ手だけが入れる宮入りへ!
5.交差点で5基の御神輿がもみ合い…!
6.担いで歩いて食べて飲んでの町内渡御

〜〜〜〜〜〜〜

1.半纏を身につけたら担ぎ手の仲間入り

5月14日(日)、神輿宮入りの当日。朝9時過ぎに「ちよだプラットフォームスクエア」に集合します。今回神輿担ぎにトライする編集スタッフの林は、事前に受け取った半纏に袖を通して現場入り。

この半纏と帯は神田ポートビルがある錦町三丁目の町会からお借りしたもの。半纏を借りるには、神田祭の1週間ほど前から設けられる町会ごとの「御神酒所」に前日までに行きましょう。錦三丁目町会と錦町三丁目第一町会は、ちよだプラットフォームスクエアに御神酒所ができます。
※クリーニング代だけでOKですが、さらに奉納金を包んで持っていけば、もれなく名前が奉納版に掲げられますよ〜!

半纏の下に着たのは黒い長袖とズボン。黒い足袋は自前で準備(エアー入り3000円弱をネットで購入)。半纏一つで、身も心もグッと引き締まるよう。う〜ん、キマってる!

錦三丁目は企業単位で参加されている方が多いそうで、襟に「錦三」と書かれた町会の半纏をはじめ、「安田不動産」「ゆかい」「新日鉄興和不動産」「ほぼ日」などの企業名が書かれた半纏を着た人たちが各所からぞろぞろと大集合してきます。初めての参加でも、お揃いの半纏に身を包めばあっという間に溶け込めます。

女性も想像よりたくさんいて少し安心。髪を高い位置でお団子にして、その上に鉢巻をぐるっと巻いたものを乗せたスタイルがかっこいい!

2.いざ出陣!担いでわかる、御神輿の重さと重み

10時、担ぎ手たちが揃ったところで、錦町三丁目町会の前田智彦会長と、錦町三丁目第一町会の神田錦町「更科」の堀井市朗会長によるご挨拶。夜まで続く御神輿の巡行に向けて、士気を高めます。

まずは神田祭で最も見応えのあるビッグイベント・神輿宮入りへ。
神輿宮入りには大小200を超える各町の神輿が参加し、それぞれが神田の街を練り歩きながら神田明神を目指します。
さあ、いよいよ出陣です!

「エイサ!」「ソレ!」などの掛け声をかけながら進んでいく姿にこちらも胸が高鳴ります。
足袋を忘れたのか、時折裸足のままの方も!? と思いきや、これはベテランの証とのこと。

錦三丁目の神輿は、担ぎ手と見守り等、総勢150名。ひとまず編集スタッフは、イメージトレーニングを兼ねて担ぎ手たちを神輿のそばで見守ることに。

神輿はかなりの重さがあるため、想像以上にゆっくりと進みます。重さは、担ぎ棒も含めると1トンほどあるのだとか…! 長く受け継がれてきたものということもあり、二重の重みがあります。

当然ながら、重い神輿を最初から最後まで同じ人がずっと担ぐことは到底できません。先導する方が担ぎ手のバランスを見て、だいたい5〜10分ごとに「安田不動産さん入って〜!」などの声掛けがあり、担ぎ手が入れ替わっていきます。 積極的に担ぎたい時は、神輿のそばを歩いて隙間が空いたらさっと入ったり、「もう、限界…」という顔をしている担ぎ手の人と自ら交代しても◯。

編集スタッフ林を発見! 後ろのお兄さんが大きくて、肩に棒が乗っていない感じもしますが…うん、指の腹でしっかり担いでる!!
背が高い人に負担がかかりがちなので、タオルなどを肩に忍ばせているのだそう。

入れ替わり立ち替わりみんなで力を合わせながら歩を進め、最初の目的地へと近づいていきます。

その2へ続く

Text: Kana YOKOTA(BAUM)
Edit: Akane HAYASHI
Photo: Yuka IKENOYA(YUKAI)

なんだかんだって結局なんだった?|路上実験イベントなんだかんだレポート

3月30日、4月1日に開催された路上実験イベント「なんだかんだ」。
「あたらしい神田の縁日をつくろう!」をテーマに、
ご近所の方やゆかりのある方が集まって
あたらしい出会いや体験を楽しむ場がたくさん生まれました。​​

路上を実験するイベントということもあり、
普段は見られないようなあんなことやこんなことが次々と起こった二日間。

果たして「なんだかんだ」とは、一体なんだったのでしょうか?
神田の一角で生まれたさまざまな光景をレポートでお届けします。

〜〜〜〜〜〜〜

▶︎SCENE 1
街の人の協力があれば、路上に畳をたくさん敷ける

なんだかんだの大きな求心力となった畳たち。
路上に敷くなんて、おそらく畳も驚いたことでしょう。
前代未聞のチャレンジングな試みでしたが
町会や警察署の協力により実現しました。

畳を敷けることになったものの、広〜い路上に敷き詰めるとなると一大事!

かと思いきや、
畳を待ち構える行列が。
ボランティアの学生のみなさんの出動により
瞬く間に敷かれていきます。
特に打ち合わせしていないのに、きれいなまでの流れ作業。
すいすいと敷かれていく様子はもはや心地よい。
おかげで100枚以上の畳が数分で設置完了!

作業はあっという間でも、みんなで敷くと達成感もひとしおです。
たくさんの準備ののち、いよいよ舞台が整いました。

〜〜〜〜〜〜〜

▶︎SCENE 2
畳を敷くと、〇〇が起きる

畳を敷いてみると、
あちこちでさまざまなことが起きていきました。
街中に畳があるという光景は、日常ではそうあり得ない不思議なものですが
すんなり馴染んでしまうのは神田の土地柄か、畳のパワーか。

畳を中心に繰り広げられたあれこれをダイジェストでご紹介します。

畳に入ってしまえば、路上でも周りを気にせず無になれる。
畳の上では、赤ちゃんも身を委ねてのびのびできる。
畳を敷けば、ギャラリーがお茶の間になる。
畳でかるたは当然に盛り上がる。
畳で書道は当然に落ち着く。
畳があるとおしゃべりが弾む。
畳があると、読み聞かせに集中できる。
畳に茶道の精神が揃えば、結構なお手前をじっくり楽しめる。
畳があると、身体をめいっぱい使って踊れる。
畳なら、こんなに大胆になっても大丈夫。
畳をフロアに、DJプレイができる。
畳のそばに脱いだ靴が並ぶと、
誕生日会で同級生たちが家に来た日みたいでわくわくする。

屋外なのに、いや屋外だからこそ
ポテンシャルがおおいに発揮された畳。

畳には、懐かしくほっとする心地よさと
あらゆることを受け入れる懐の深さがありました。

〜〜〜〜〜〜〜

▶︎SCENE 3
道のたのしみ方いろいろ

なんだかんだは、神田の道のおもしろい使い方を考え、
あたらしい出会いや体験の場となることを目的とした
「実験イベント」​​ということもあり、道の使い方も実にさまざまでした。

ここから道の様子をご紹介。

通り沿いのビルも使って、ダイナミックに演劇ができる。
みんなの視線を感じつつも、プロに写真撮ってもらえると嬉しい。
文房具が並んでると、なんだかときめいて引き寄せられる。
道路の袖に芝生があればモルック大会が開催できる。
サウナチャンピオンだって開催できる。
道端で右ストレートを披露すると拍手がもらえる。
道にお店が並べば、あっという間にお祭りムードになれる。
道端で、超老舗店にふらりと出会えるとより嬉しい。
道路の上でも神社は出張できる。
竹尾の紙絵馬が並ぶと道が華やぐ。
路上であっても、全身を委ねるハンモックは気持ちいい。
最先端のモビリティに乗れば、優雅に神田の街並みを楽しめる。
道端でも工作大好き。
ちょっと開けた場所には即席でプレーパークだってできる。
道の一角でも神輿を担げばたちまち熱気に包まれる。

〜〜〜〜〜〜〜

神田の道の上が一人一人にとっての
「あたらしい出会いの場」になってほしいという思いではじまったなんだかんだ。
たった二日の出来事でしたが、同時多発的にこんなにもの光景が生まれ
あたらしさとうれしさが溢れる場だったように思います。

なにより路上でたのしいことが起きていると、
歩くたびにたのしい光景がすぐに目に飛び込んできて
街自体がその空気に包まれていきます。

たのしいことを考えて披露した皆さんと、たのしく過ごす皆さんが出会う様子に
たくさん触れることができた、なんだかんだでした。

Text: Akane Hayashi(BAUM LTD.)
Photo: TADA(YUKAI), Mariko Hamano

オープンカンダ(以下、「当サイト」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)
プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

第2条(プライバシー情報の収集方法)
当サイトは、お客様がご利用する際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報をお尋ねすることがあります。
当サイトは、お客様について、利用したサービス、閲覧したページ、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます)、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を、お客様が当サイトのサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当サイトが個人情報を収集・利用する目的は以下のとおりです。

お客様に、氏名、住所、連絡先などの各種情報提供
お客様にお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
お客様に本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号などの情報を利用する目的
お客様に代金を請求するために、利用されたサービスの種類や回数、請求金額、氏名、住所などの支払に関する情報などを利用する目的
お客様が代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本サービスの利用規約に違反したお客様ーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
お客様からのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当サイトがお客様に対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、お客様のサービス利用状況、連絡先情報などを利用する目的
上記の利用目的に付随する目的

第4条(個人情報の第三者提供)
当サイトは、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

法令に基づく場合
人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

第5条(個人情報の開示)
当サイトは、お客様ご本人から個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、対応にあたっては、不正な開示請求による情報漏洩防止のため、適切な方法にてご本人確認をさせて頂きます。
お客様からの個人情報の開示請求にあたり、お知らせの手数料として別途実費を請求させて頂くことがございます。

第6条(個人情報の訂正および削除)
お客様は、当サイトの保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当サイトが定める手続きにより、当サイトに対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
当サイトは、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをお客様に通知します。

第7条(個人情報の利用停止等)
当サイトは、お客様本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

第8条(プライバシーポリシーの変更)
本プライバシーポリシーを変更する場合には告知致します。 プライバシーポリシーは定期的にご確認下さいますようお願い申し上げます。
本プライバシーポリシーの変更は告知が掲載された時点で効力を有するものとし、掲載後、本サイトをご利用頂いた場合には、変更へ同意頂いたものとさせて頂きます。

第9条(お問い合わせ窓口)
本サイトにおける個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。
info@kandaport.jp

Open Kanda. All rights reserved.
Title logo: Daijiro Ohara